名古屋での清掃は3つのポイントを掴んで!

「清掃なんて、しなくても死ぬわけじゃないし、あとでやろう、明日やろう、いつかやろう……」
と思い続けてどこから手をつけていいかわからなくなってしまうこと、よくありますよね。
そういう時は、ポイントを掴んでやってみましょう。

1.物を減らしましょう

お掃除をすると、ホコリや汚れがたくさん出ます。
荷物でいっぱいの床や机の上にホコリが落ちたら……手間が増えてしまいますよね。
清掃をする前に、片付けをしましょう。

2.汚れやホコリは上から下へ落としましょう

当たり前と言えば当たり前ですが、地球には重力があるので、ものは上から下に落ちます。
天井→棚や机→床の順番に汚れを落としましょう。
特に天井や照明まわりは普段お掃除しないところなので汚れがたくさん出ます。
マスクやゴーグルなどを着用しましょう。

3.奥から手前に向かって清掃しましょう

お家の中のどこから手をつけたらいいかわからないときは、奥から手前に向かって清掃してみましょう。
二階建てでしたら二階から、マンションでしたらベランダから、といった感じです。
「仕事が忙しくて1日清掃にあてられなくて……」というときには、「今日は寝室」「今日はキッチン」というふうに小分けにして無理のないプランを組んでみましょう。
玄関の清掃を終える頃には家中ピカピカです。

物を減らして、上から下、奥から手前、という3つの流れを押さえれば、無駄な手間なく清掃できます。
どんな間取りのお家でも応用が効きますので、試してみてください。

名古屋のホテルに学ぶ清掃のコツ

清掃というのは普段から行っている方も多いものかと思いますが、隅から隅まで綺麗にしようと思うと意外と時間や手間がかかるものですね。
効率的に綺麗にするためには様々なコツが必要となりますが、それらを学ぶのに最適なのが名古屋にあるホテルの清掃係です。名古屋にあるホテルというのは建物が大きなものが多く、たくさんの部屋を素早く清掃する必要があるため、様々な技をマスターしているのです。

まず第一に汚れの種類にあった洗剤を使用することが大切です。汚れの種類によって効果のある洗剤というのは異なるため、それを考えてあげるだけで効率がアップすることでしょう。また、シンクの軽い油汚れは食用油を染み込ませた布で拭くときれいに取れるといったように洗剤を使用しなくても綺麗にすることができる場合もあります。

これは基本的なものですが意外と忘れがちなのが高いところから清掃していくということです。せっかく綺麗にしたのに上からの汚れでまたやり直しとならないように順番には気をつけましょう。
ちょっとしたコツを知って効率よく清掃したいものですね。

憂鬱な清掃を楽しむポイント in 名古屋

毎日の清掃、年末の清掃、清掃のことを考えると憂鬱になってしまいますね。でもやらない訳にはいきません。
そこで憂鬱な気持ちを少しでも前向きに楽しくするために、アロマオイルを使うのが良い方法のひとつです。
ジメジメした名古屋の雨を吹き飛ばす最高の方法ですよ!

アロマオイルを使った清掃で最も手軽なのは、オイルを焚きながら清掃をすることです。アロマポットやアロマライトがあれば、それを使って部屋に香りを広げます。
それらがなければティッシュペーパーにオイルを垂らすだけでもOKです。部屋に広がった香りで気分がやわらぎ、イライラする気持ちが抑えられるでしょう。
アロマオイルは殺菌・消臭効果もあるので、部屋の空気が清浄され一石二鳥です。雑巾に垂らせば拭いたところが殺菌され、いい香りが漂います。

アロマオイルを使えば毎日の清掃はもちろん、面倒でなかなか始められない年末清掃も少しは気分を上げて取り組めるのではないでしょうか?
苦手な清掃を少しでも楽しめるように工夫することが大切です。

年末清掃時に試したい!重曹を使って換気扇をきれいにする方法

換気扇やガスコンロの油汚れはやっかいですよね。汚れてすぐに拭けばまだいいのですが、少し時間をおくと酸化した油にほこりなどがからまってギトギトに固まった汚れになってしまいます。

こういう油汚れに重曹はよく効きます。重曹が効くメカニズムは次のようなものです。
まず、換気扇などに凝り固まった油汚れは酸性です。水に溶かした重曹はアルカリ性のため油汚れの酸性を中和して汚れを浮かせてくれます。また、重曹の粒子が研磨剤の働きをして、ゴシゴシこすると汚れがかき落とされます。

重曹で換気扇を洗うときの手順です。まず換気扇を外します。この時割りばしやヘラなどで汚れをできるだけ取り除きます。次に水で溶いてペースト状にした重曹を塗りつけて数時間、できれば一晩放置します。その後、たわしなどでゴシゴシ磨きます。重曹が油汚れを浮かしてくれ、さらに重曹の粒子が研磨剤となって汚れを落とすことができます。

台所やお風呂など、我が家の清掃には重曹が大活躍しています。特に油汚れをよく落としてくれるので、換気扇やガスコンロの清掃には重曹が使えますよ。

名古屋でホコリの清掃に役立つ優れもの

最近、名古屋市にある家電量販店にてパソコンを購入しました。パソコンはホコリに弱いと聞いていたので、対策を講じようといろいろ調べてみると、100円ショップでいい商品がたくさんあるではありませんか。実際に使ってみても、満足いく商品ばかりで大助かりです。

そこで、ホコリの清掃に役立つ掃除機ノズルを紹介したいと思います。
(ブラシ付きノズル)─長さ5.5㌢、幅2.5㌢の小さな吸込み口には、ブラシが円形状に付いていて、狭い隙間や凸凹な場所にも使えます。     
サッシの溝、本棚の隙間、テレビ周りやオーディオ製品などには重宝します。
(布団掃除用ノズル)─幅12㌢のプラスチックでできた吸い込み口は、布製品の上からなでるようにすれば、ホコリが吸い取れます。
布団、こたつ布団、カーテン、セーターなどのホコリの清掃に役立ちます。
100円ショップでは、その他様々な種類の掃除機ノズルを販売していますが、この2つは 使い勝手が良いいので特にお勧めです。また、サイズは全メーカーに適合すると書いていますが、まれに合わない場合があるようなので、一応測っておくといいと思います。

一石二鳥な大掃除

最近運動不足だなあと感じている方、多いと思います。私もその一人です。明日こそ名古屋にある公園で朝ジョギングしよう。今度名古屋で有名なヨガの教室に行ってみよう。と計画はしてみるもののなかなか実践に移せないのが実情。

そこで、わたしの運動不足解消の方法は掃除です。そう、わざわざトレーニングウエアに着替えることもないし。人に会うわけではなにのでスッピンでも良いし。そしてなにしろ掃除も出来るのですから。
わたしは、毎日タイマーで10分測って家の中をぼろ布をもって家の中を走り回ります。

雑巾ではなくてぼろ布を使うのがポイント。汚れた雑巾を水で洗うのがまた面倒臭いので、わたしは、いらなくなった靴下や衣類、タオルすべてとっておきます。

そして10分の間、床、窓、目についたところはとにかくふきまくります。とくに床のそうきんがけは、全身運動。壁をふくときは、つまさき立ちや、屈伸運動。窓ふきなどは、もちろん利き手では無い方の腕も使います。
10分間とにかく動きます。これで結構汗が出ます。
また別の日は、ほうきをもって天井から床までほこりをおとしまくります。かならずタイマーをかけることをお忘れなく。最初は5分からはじめてみましょう。結構5分って長いですよ。

名古屋の清掃はほうきで素早く楽に!

「ほうきで掃く」。古臭いやり方ですが、意外と使えるやり方なのです。足にまとわりつくコードをセットすることもなく、重い本体を移動させる必要もありません。そして騒音が出ません。さらに細かいところのゴミもとりやすいのです。

名古屋に建っている一戸建てであればゴミはさっさと外にだし、あとで集めて一度にかたづければいいのです。ほうきで掃いた後を掃除機でさっと吸いとれば完璧です。もっと使えるのが「手ぼうき」。大きなゴミをパッと片づけることができます。

普段から気がついたらほうき、手ぼうきでゴミをかたづけていれば、埃がたまりすぎて掃除するのがイヤになる、という事態はかなり避けられます。場所もほうきはそんなに取りません。スレンダーなのでけっこうどこにでも収納することができます。
ほうきは風情もあり、新しいイ草などで出来ているほうきは見ていてとても気持ちがいいものです。故きを温ねて新しきを知る…昔のひとの知恵、活用してみてはいかがでしょうか。

名古屋で実施する網戸の清掃は白いスポンジで

網戸は必ず年に一回は掃除をしています。名古屋は風が強く土やホコリが網戸に絡みつきやすいんですよね。

以前は掃除の方法がわからず放置をしていましたが、そうすると汚れが溜まって真っ黒になってしまいます。
これは生活していて家族の健康上でもあまりよくないでしょう。年に一回の清掃なので、できる限り汚れを残したくありません。
だからと言って網戸を外して水を流しながら綺麗にすることは困難なので、我が家では100均で売っている白いスポンジを使っています。
こちらのスポンジとバケツの水だけで毎年網戸を掃除しています。

方法は簡単です。
水につけたスポンジで網戸をこするだけです。網戸をこすっていると面白いくらい白いスポンジが真っ黒になり汚れが落ちます。
スポンジはどんどん小さくなっていくのですが、網戸はその分見違えるように綺麗になります。
汚れがスポンジに吸着してくれるのでしょう。

あとは掃除機でボロボロと落ちたカスを吸い込むだけで網戸の清掃は完了します。
裏表、両面でこするとより綺麗になります。

名古屋での年末の清掃は寒さ対策を忘れずに!

ここ数年、年末の清掃をすると風邪をひきます。名古屋は特に年末の気温が一気に下がるため、その影響もあるのでしょう。
そのおかげで、正月3が日は悪寒がして、熱にうなされ別の意味での寝正月です。

私は、名古屋市にあるマンションの部屋の中でオフィスワークをしている50歳の男性です。クリスマスを過ぎたあたりから年末の清掃を始めるので、寒さに凍えながらの作業になります。年を甘く見たのか、それで風邪をひいたと思います。最近は、体の弱さを自覚せざるを得なくなりました。

そこで、今年は、真冬を迎える前に年末の清掃を済ませてしまうことにしました。12月の第2週からクリスマスまでの休日にコツコツと始めるのです。また、10月頃から休日に一日4㌔のウォーキングをして体力を付けておき、当日はフリースジャケットの他にダウンジャケットも用意し、さらには厚手のタイツも天候に応じて準備しようと思っています。

ここまで用意周到に準備しておけば、今年は久しぶりに、気分の良い正月を迎えられそうです。
最近の天候は変化が激しいのでいつ寒波が襲ってくるかわかりません。12月といえども十分な寒さ対策をして、年末の清掃に臨みたいものです。
 

靴箱の清掃方法

靴箱は、汚れだけでなく臭いも溜まりやすい箇所です。しかも、本人は慣れてしまって気付かないことが多いので、小まめな清掃が不可欠です。

まず、細かいゴミを除去しましょう。濡らした新聞紙をちぎり、棚に撒いて行きます。ゴミが勝手に引っ付いてくれるので、ホコリを立てずに除去することができます。
細かいゴミを取ったら、外せる棚を全部外します。棚を引っ掛ける箇所にもホコリが溜まっていることが多いので、ハケなどを使って除去しましょう。

次は、内側の清掃です。全体を、濡らした雑巾で拭いて行きます。一通り拭き終えたら、アルコールを散布します。
少し待ってアルコールが蒸発したら、乾拭きしてください。
それらが終わったら、取り外した棚の清掃です。内側と同様に、表裏を濡らした雑巾で拭き、アルコールを散布して乾拭きしてください。
その後、靴箱を開けた状態にしておき、よく乾かします。

乾いたら靴などを戻しますが、その前に新聞紙を敷いておくと水分を吸収してくれるのでおすすめです。